ヨーグルト

会社での昼食用に、毎日ヨーグルトを持っていっています。
四個つながってて、ぱきっとひとつずつに割れるタイプのやつです。
わたしの愛するプレーンヨーグルトの親類で、イチゴとかアロエとかいろんな種類があるヤツです。

朝、いつものようにぱきっと割って、ひとつお弁当用の小さな手提げ(蓋なし)に入れて家を出たつもりでした。
会社について、冷蔵庫に入れようとしたらヨーグルトがない。
はて。
朝、ぱきっとした記憶があるのに。

いろいろ考えて
1)自宅の冷蔵庫の中
2)自宅のテーブルの上
3)通勤バスの中
のどこかにあるのではないかと思いました。

1)は、ぱきっとしたこと自体が錯覚。
2)は、他の持ち物と一緒に袋にいれるときに、袋に入れ忘れた。
3)は、ちょうど椅子と窓の間にスペースがある席に座っていたので、そこに手提げを置いていました・・・で、おりる時や揺れた時なんかにヨーグルトだけ転がり出た。

3)だったらどうしようー!
わたしが降りた後、バスが混みだして足下が見えなくなっているところに、わたしのヨーグルトが転がってきて、見知らぬ人が踏んづけて、べちゃっと!
またその人が仕立てのいいスーツなんか着てたら・・・・。
スーツのパンツの色は黒だったりして・・・・。
そしてこぼれたヨーグルトで誰かが滑ったら・・・・・。
という想像を膨らませて一人で焦ってました。

家に帰って確かめたら、正解は1)。
でも、予想に反してぱきっとはしてました。
ぱきっとしたことに満足して、冷蔵庫から出さずにいたようでした。
一番よかった結末かも。ほっ。
[PR]

by kae_hon | 2009-01-08 22:58 | 日記

<< 食感覚バトン 水曜の会 今日のテーマはコラーゲン >>