耳鼻科に行ったけど

先週末の風邪ひきは、鼻水の原因を花粉症と思ってあなどっていたために悪化したところが敗因だと思われる。
本当に花粉症なのかどうか、耳鼻科で診ていただくとしっかり確かめてくれるとのことなので、終業後に耳鼻科を訪れた。

診療時間の終わりがけに行ったので、待合室で待ってる患者さんはいなかった。受付を通ると先生にすぐ診てもらえた。
症状を説明すると、それだけで「花粉症です。」と決められて、鼻水を機械で吸われてネブライザーの前に通された。
わたしがまだネブライザーの前に座ったばっかりなのに、先生は「お疲れさまです!」とさっさと帰って行った。
別に診療時間が過ぎてしまった訳ではなかったのに。

なんとなく不信感。
お薬もたくさんだされて、お薬の内容に対する説明もなくて(書面でも、口頭でも)、なんだか気持ち悪かった。

診療時間までは、そして最後の患者が帰るまでは、先生にいててほしいと思うわたしはわがままかしら?
診療時間の終わりがけに行ったわたしが悪いのかなー。
時間外にいった訳じゃないんだけどなー。
[PR]

by kae_hon | 2009-03-05 22:46 | 日記

<< ピアノリサイタル びっくり! >>