<   2008年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

22日目 退院後5日

実家に滞在。

ハニ病院。
順番待ちの間は車で待機。
順番が近づいてきたので待合室に入れると震えだす。
歩行の様子を観察。
すぐにキャリーバッグに入りたがる。
処方される薬とフィラリアの薬を併用してもいいのか確認。

がたがた震えていたくせに、外に出ると安心した様子。
近くにいる犬に吠え立てる。
「何見てんのよ!見せもんじゃないのよ!」
完全な八つ当り。
[PR]

by kae_hon | 2008-11-23 21:55 | ヘルニア

だから無理って言ってるやん!

f0181030_237056.jpg

わたしの布団からどいてよー。
まだ一緒に寝るのは無理ですから。
[PR]

by kae_hon | 2008-11-20 23:07 | 日記

19日目 退院後2日

昼電話。
わたしが帰ってくると思ってわたしの夕食を準備していたらしい。
帰るつもりはなかったが帰ることにする。

終業後帰宅。
ハニは大分しっかり歩く。
左後ろ足の踏ん張りが足りなく、斜めに滑る。
布団で一緒に寝たがるので、一緒に寝ないよう説得。
枕元の座布団で、わたしの手を枕にさせて寝かせる。
[PR]

by kae_hon | 2008-11-20 21:53 | ヘルニア

井上鍋

焼肉のたれで作る鍋。
意外とおいしかったです。
そういえば焼肉のたれって、いろんな果物や野菜が入ってるし、みそ風味で、ニンニクの香りもして、確かに鍋のだしにもなりそうです。
作り方はこのサイトへ。
f0181030_23475035.jpg


ししとうがおいしかった。
レシピでは赤ウィンナーでしたが、なんとなく使いにくかったので普通のウィンナーで。
[PR]

by kae_hon | 2008-11-19 23:47 | 日記

18日目 退院後1日

6:40頃、排尿排便の様子を見せる。
尿は少し。便は出ず、ペットシーツにほんの少し血液の色がつく。
4:00過ぎの便が硬めだったことを母に伝える。
食事が変わっているため、便の硬さがかわり排便がしにくかったのかも。
キャベツ中心の食事にしてもらえるようにお願いして出勤。

夜電話。
朝以来出血はなしとのこと。
父に洋服を買ってもらったらしい。
[PR]

by kae_hon | 2008-11-19 21:49 | ヘルニア

いっしょに眠るしあわせ

f0181030_012459.jpg

いっしょのお布団はまだむりですが。
同じ部屋に気配を感じてるだけでしあわせ。
[PR]

by kae_hon | 2008-11-19 00:12 | 日記

17日目 術後13日 退院

午前中に退院したらしい。
昼休みに電話すると、電話の向こうで鳴き声が聞こえる。

終業後は実家に。
定時ダッシュをするものの、実家に向かうバスの乗り継ぎが悪く19:50着。
久々にハニが喜んで出迎えてくれる様子を見る。
珍しく洋服を着ている。
傷口を舐めたら危険なので服を着せねばならぬとのこと。
一着だけあった洋服が役に立つ。

歩行はする。
後ろ脚の蹴りが弱いのか、左右両足を使って歩行することもある。
椅子に乗ろうとするため注意。
22:00排尿排便。トイレを室内に移動したため勝手が違うのか我慢していた様子。
柔らかめ。
同じ部屋で就寝。
翌4:30頃排尿排便。夜よりも少し固い。
[PR]

by kae_hon | 2008-11-18 21:44 | ヘルニア

16日目 術後12日

午前中に面会に行ったらしい。
かなり元気になっているようだ。

明日はいよいよ退院とのことで、母がハニを抱いて父が先生のお話をうかがっていると、発病以来初めての低い声で
「ウー、ワウ。 (はよ連れて帰らんかい、ワレ)」
と言ったらしい。

食事はいつも通りでいいらしい。
排尿排便は自力で可能。
歩けるので、ゆっくり歩かせることがリハビリになる。
抜糸は12月になってから。
[PR]

by kae_hon | 2008-11-18 00:10 | ヘルニア

挨拶の効用

駐車場に車を止めたら、駐車場内におじいさんがいた。
誰かわからないけど、関係者かもしれないのでとりあえず挨拶してみた。
「こんにちは」

そしたらおじいさんが何かおっしゃるので(もごもごしていて聞き取れない)、近寄ると、(多分ご自分の庭の)木になっている柿をもいで渡してくださった。
どうやら「柿はいるかい?」という内容のことをおっしゃっていたらしい。
丁重にお礼を言って受け取ると、ポケットの中からもたくさん取り出して、全部で8個の柿をくださった。
まだ固い柿で
「わしゃ総入れ歯だから食べられん」とおっしゃっていた。
ありがたく頂く。
柔らかく甘くなってから食べようと思う。楽しみ。
[PR]

by kae_hon | 2008-11-17 00:08 | 日記

現実に帰ってきたような

11月のはじめに、うちの犬が病気になりました。

発病からこっち、不安で、何をしてても切なくて、気づいてやれなかったという申し訳なさでいっぱいで、心ここにあらずという状態でした。

お手紙を頂いたりした方に、早くお返事をしたいと思いつつも何を書いたらいいのやら全くわからず、お返事を書けませんでした。
本当にすみません。
ちょっと落ち着いて、現実に帰ってきたような気がします。

無事に手術は成功しましたが、これからです。
リハビリで前のように歩けるようになればいいと思っています。
でも無理はしないように。
何が彼女の幸せになるかわかりません。手術を望んだのかどうかもわかりません。
でも、好奇心一杯の彼女が、もう一度自分の望むところに自分の意志で動いて、においを嗅いだり触ったりして目を輝かす様子がもう一度見られるようになればいいと思っています。
[PR]

by kae_hon | 2008-11-16 21:45 | 日記