年賀状書かなきゃ

六月くらいだったか。
月末がくるたびに、「まあ一ヶ月経つのは早いですね」なんて話を毎回していたんだけど、その月は妙に盛り上がった。

「もう年賀状書かなあかんなあ」って言われたから。
ここはもちろんノリツッコミを求められてるだろうから
「今年もプリントゴッコにするんですか?」
と返してみた。
「消しゴムはんこに挑戦しようかなー」
と言われたので
「今から始めたら北斎ばりの多色刷りができますよ」
と答えてみた。

それから毎月、月末には年末トークになっている。
「もう今月も終わりですよ」
「早いなあ」「早いですねえ」
から
「そろそろ紅白の出場歌手も発表されるで」
「もう年賀状の図案、決めました?」
なんて話してたんだけど。

そんなこと言ってもまだまだ暑くて、ホントは来年の話なんてまだまだだと思っていたのに。
あるCMを見て驚いた。
某占い師さんが、来年の運勢の本を出版していた。
CMに使われてた音楽はなぜかドボ8。
来年の話をしてももう鬼が笑わない時期になっちゃったのかしら。
最近時間が経つのが早くて、きりきり舞いなかんじ。
[PR]

# by kae_hon | 2008-09-03 22:38 | 日記

あきなさん

なんか最近、youtubeのあきなさんの映像にはまっています。
(ひらがななのは検索よけです。すみません)

最初はSave the last dance for meという曲を探していて、そしたら日本語訳の「ラストダンスを私に」という曲を歌っているあきなさんの映像を見つけました。
歌っている時の表情とか、ダンスを誘う手の動きとか、声ももちろん魅力的で、これならラストダンスと言わず全曲あなたと踊っちゃうよ!という気分になったのでした。

で、昔のライブ映像をついつい見てしまったのですが。
1987年の野外ライブの映像を見て釘付けになりました。

この頃、わたしはまだ幼くて、正直に言うと、彼女はあまり好きな歌手ではありませんでした。なんだか怖かった。なにかにつかまってしまいそうで。
たぶん、子供のわたしにはまだ名前が付けられないような感情をぐいぐいと揺さぶられるような気がしてたんだと思います。
今になって、彼女の歌を聴くと、素直にいいなと思います。

で、1987年の映像ですが、「セカンド・ラブ」という曲を歌っている彼女を見て、最初に見た時は泣いてしまいました。歌で心を揺さぶられるのはもちろんだけど、瞳の動きとか、歪んだような笑顔をつくるタイミングとか。多分外国人の方だと思われるコメントで、「彼女の言葉の意味は理解できないが、心が揺さぶられる」とあるのがよく理解できます。
この曲は、恋人に対して自分の気持ちをうまく伝えられない切なさを歌っているのだと思うけれど、彼女の歌からはそれ以上の気持ちが伝わってくるような気がする。
気持ちをうまく伝えられないのは不器用だからというだけではなくて、彼の立場や彼の移り気なんかで、離れてしまうことを感づいて不安をかんじているようなそんなかんじ。
イロイロ深読みしちゃってるだけかもしれないけれど。
同じライブでの「難破船」(きっぱりはっきり失恋している曲)よりも切なかったです。
失ってしまった後ももちろん切ないけれど、幸せの中で失うことを予感しているというのも、やっぱり切ないよなあと思ったのでした。

そして驚くのがメイク。たしかに現代とは違うけど、でも今でもおかしくない。

どうしよう、好きになっちゃった。
他の曲も聴いてみたいと思いました。
[PR]

# by kae_hon | 2008-09-02 22:12 | すき

ちょっと雨やどり

元々、別のところでブログを書いていたのですが、いろんなことを気にして、自分の気持ちに素直にかけなくなってきたので、一時的にお引っ越しすることにしました。
前のブログは長く続けてきたし、あの場所に愛着もあるし、なくしてしまうのは自分がさみしいので、ここは雨やどりの場所にしたいと思っています。

一時的にインプットもアウトプットもしんどいような気持ちでいました。
絵を見に行ったり人と会ったり音楽を聴きにいったり、そういった自分の中の何かを育てるようなインプットをするのも億劫で。
だからといってお手紙を書いたりメールを送ったりブログの記事を書いたりというのも、なんだか気持ちが前に進まなくて。

でも丸まってじっとやり過ごしたら、ちょっと前向きになれてきたような気がします。
ゆっくり、始めていこうと思います。
[PR]

# by kae_hon | 2008-09-01 22:05 | ごあいさつ